トップ > インストール >
ダウンロードとインストール(Linux)

  

Linux版のインストール

ここでは、Linux版のインストール手順を説明しています。

  
Windows版をインストールした方は、ここは飛ばして、初めての起動へ進んでください。

Linux版のRawTherapeeをインストールするにはいくつかの方法があります。 ここでは、おすすめ順にLinux版RawTherapeeのインストール方法を紹介します。

方法1 ディストリビューション向けのパッケージをインストール

1つ目は、使用しているLinuxディストリビューション向けのパッケージを利用する方法です。 RawTherapeeの公式サイトで配布されているわけではなく、それぞれのLinuxディストリビューションの開発元が準備しているものです。

利点は、簡単なコマンドでインストールできること、パッケージ管理の対象となること、そして、不具合を含んでいる可能性が低いことです。

  
まずは、この方法でインストールすることをおすすめします。

パッケージのインストール手順は以下の通りとなります。

Ubuntuの場合

まずは、RawTherapeeのパッケージのバージョンを確認します。 GNOME端末を開き


apt-cache show rawtherapee | grep Version

 

と実行します。

  
apt-cacheが利用できない場合は、代わりにaptを利用してください。 "apt show rawtherapee | grep Version" のように読み替えて実行してください。

以下のようにバージョンが表示されます。

username@hostname:~$ apt-cache show rawtherapee | grep Version
Version: 5.8-1
  
上の例では "5.8" がバージョン番号です。
  
上の例では "5.8-1" の "-1" はUbuntu内での改訂番号です。

Ubuntuに含まれているパッケージが5.8であればそれをインストールしましょう。 UbuntuでのRawTherapeeパッケージのインストールは、


sudo apt-get update
sudo apt-get install rawtherapee

 

と実行します。

  
apt-getが利用できない場合は、代わりにaptを利用してください。 "apt update" のように読み替えて実行してください。

"続行しますか? [Y/n]"と訊かれる場合は、yを押して続行してください。

パッケージのインストールが完了したら、メニューに追加されたRawTherapeeのメニュー項目からRawTherapeeを起動してください。

Fedoraの場合

まずは、RawTherapeeのパッケージのバージョンを確認します。 GNOME端末を開き


su -

 

として、rootのパスワードを入力して、システム管理者(root)にスイッチします。 続けて、


dnf list rawtherapee

 

と実行します。

  
DNFが利用できない古いバージョンのFedoraを利用している場合は、代わりにyumを利用してください。 "yum list rawtherapee" のように読み替えて実行してください。

以下のようにバージョンが表示されます。

[root@localhost ~]# dnf list rawtherapee
読み込んだプラグイン:langpacks, refresh-packagekit
利用可能なパッケージ
rawtherapee.x86_64                   1:5.8-1.fc99                         updates
  
上の例では "5.8" がバージョン番号です。
  
上の例では "5.8-1" の "-1" はFedora内での改訂番号です。

Fedoraに含まれているパッケージが5.8であればそれをインストールしましょう。 FedoraでのRawTherapeeパッケージのインストールは、


dnf install rawtherapee

 

とします。 "これでよろしいですか? [y/N]"と訊かれますので、yを押して続行してください。

パッケージのインストールが完了したら、メニューに追加されたRawTherapeeのメニュー項目からRawTherapeeを起動してください。

  

方法2 AppImage形式のパッケージをインストール

2つ目は、AppImage形式のパッケージを利用する方法です。

AppImageは、Linuxディストリビューションの種類やバージョンに依存しないパッケージ形式です。 利用者は、AppImageファイルをダウンロードして実行権限を与えるだけで済みます。 そのAppImageファイルを実行するとアプリケーションが起動し、通常通り利用することができます。

  
アプリケーションが必要とする設定ファイルやライブラリは、AppImageファイル内に含まれており、実行時に仮想的に展開されて参照されます。

AppImage形式のパッケージのインストール手順は以下の通りです。

AppImageファイルのダウンロード

公式ウェブサイトからRawTherapee 5.8をダウンロードします。 ファイル名は RawTherapee_5.8.AppImage のままにしておきましょう。

ダウンロードしたAppImageファイルに実行権限を与える

ダウンロードしたAppImageファイルに実行権限を与えます。 GNOME端末を開き


chmod u+x RawTherapee_5.8.AppImage

 

と実行します。

RawTherapeeの起動

ダウンロードしたAppImageファイルを実行します。 GNOME端末を開き


./RawTherapee_5.8.AppImage

 

と実行します。

1. メニューにRawTherapeeを追加するかどうかの確認
1. メニューにRawTherapeeを追加するかどうかの確認

上図のようにメニューにRawTherapeeを追加するかどうかの確認メッセージが表示されます。 [Yes]ボタンを押すとRawTherapeeがメニューに登録されますが、ここでは[No]ボタンを押したものとして説明を続けます

2. 次回以降はメッセージを非表示にするかどうかの確認
2. 次回以降はメッセージを非表示にするかどうかの確認

上図のように次回以降はメッセージを非表示にするかどうかの確認メッセージが表示されます。 [No]ボタンを押すと次回以降もメニューにRawTherapeeを追加するかどうかを確認されます。 [Yes]ボタンを押して二度とメッセージが表示されないようにしましょう。

  

まとめ

まずは、使用しているLinuxディストリビューション向けのパッケージを試しましょう。 使いたいバージョンがない場合には、AppImage形式のパッケージを利用しましょう。

 
メニュー